Enevare

デザイナープロフィール 牧野淳子 Junko Makino

大阪外国語大学(現大阪大学)ロシア語専攻卒業。
在学中より、ファッション、建築、インテリア等のデザイン全般に興味を持ち、この頃から独自の審美眼を養い始める。
大手企業の営業を経て、英国のノッティンガム・トレント芸術大学および文化服装学院にて、テキスタイルデザインを学ぶ。
アパレルメーカーにて販売、企画デザイナーの経験の後、2008年よりブランドを立ち上げる。

2009年2月
09-10 A/Wコレクションよりスタート。
2011年9月
イタリアの展示会「MIPEL THE BAG SHOW」に、日本を代表するバッグブランドとして、経済産業省より推薦を受け、海外展初参加。
2011年11月
第8回ベストデビュタント賞ファッション部門受賞。
2012年2月
NYの展示会「Leather Japan 2012」に、日本を代表するレザーブランドとして、経済産業省より推薦を受け、参加。
2014年4月
「エネヴァレサロン」を代官山にオープン。
2015年10月
「エネヴァレサロン」を北参道(原宿)に移転。

designer profile

Graduated from Osaka University of Foreign Studies (now Osaka University), Department of Russian Studies, where she developed an interest in design, including fashion, architecture and interior design and began to cultivate an individual appreciation.
Following her experience in sales at a large company, Junko studied textile design at Nottingham Trent University, Department of Textile Design in England and at Bunka Fashion College , Department of Textile Design in Tokyo Junko joined the sales and design teams of an apparel manufacturer, and then, in 2008, established Enevare, a women’s handbag brand.

  • February of 2009: Introduced the 2009/2010 Enevare autumn/winter collection
  • September 2011: Received a recommendation from the Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry to represent Japan at the prestigious MIPEL show in Milan
  • November 2011: Chosen as the best debutant of the year in the fashion department by The Men’s Fashion Unity in Tokyo, Japan.
  • February 2012: Selected to represent Japanese leather brands, with a recommendation from the Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry, at “Leather Japan 2012” show in New York
  • October 2015: Salon and Showroom in Shibuya, Tokyo opens
  • September 2016: Launched a new Free-Gender brand - Junko Makino

ブランドコンセプト

世界中の一人ひとりが、かけがえのない唯一の存在であるように
エネヴァレは、お客様一人ひとりにとって唯一の存在です。
Enevareは、ノルウェー語の造語で、「唯一の存在」という意味を表しています。
2008年10月、日本発バッグブランドとして誕生して以来ブランド名の表すように、
これまで数々の唯一無二のデザインを世の中に生み出してまいりました。
エネヴァレは、常に、独創的でエレガント、そして愛に満ちあふれています。
美しく、そして新しいフォルムの追求をテーマに、
喜びと幸せに満ちた世界へと導く存在です。

Concept

As there is no substitute for each individual in the world, for each and every one of you there is no substitute for Enevare.
Originating from Norwegian, it embodies the concept of “the only one”. In keeping with the concept our namesake embodies, since the launch of our bags in October 2008, we have given the world many “one and only” designs.
Enevare is always creative and elegant, and overflowing with love.
In the pursuit of a beautiful and distinct design, Enevare leads you towards a world filled with joy and happiness - Enevare is the only one.

第8回 ベストデビュタント賞 ファッション部門 受賞

2011年11月、一般社団法人日本メンズファッション協会より、「第8回ベストデビュタント賞」という名誉ある賞を、
ファッション部門にて賜りました。「ベストデビュタント賞」とは「ベストドレッサー賞」で知られる一般社団法人日本メンズファッション協会が、
若手クリエーター育成、支援の一環として2004年より新設したアワードです。新人クリエーター、アーティストの中で、今年一年の活躍が、
社会、文化、各業界に多大な影響を与え、今後の活躍が期待される方を基準に選考されます。
詳細は、ベスドデピュタントオブザイヤーにてご覧いただけます。

The best debutant of the year in 2011

In November 2011, Junko Makino received the award for the best debutant of the year from THE MEN’S FASHION UNITY (MFU).
"The award for the best debutant", commonly known as "the award for the best dresser”, was newly-established in 2004 to promote the support and cultivation of young creators by the MFU.
This award is awarded to a new creator or artist who had a large influence on each industry, such as social and cultural, and for whom there are high expectations of future success.
For more information, please refer to the web site of MFU.

日本を代表するレザーブランド

ブランド創立以来磨き続けてきた感性を、2012年一つのシリーズとして表現。
ファッションへの情熱と日本への想いが見事に融合した形で生まれました。 そして、2012年2月NYにて、
Mercedes-Benz Fashion Week期間中、「 Leather Japan 2012」に日本を代表するブランドとして参加。
同じくNY最大の展示会 coterie のMen’s exhibition「 TMRW@TUNNEL 」にも参加。
「Japanese Armor and Western Armor」シリーズを発表し、新境地を開きました。 その想いは様々な方面へと届きました。
NYの美術館からの高い評価、そしてWWD USA からの取材、TWELV創刊号(編集長:hissa igarashi氏)への掲載など。
今後もエネヴァレは、枠にとらわれない‘表現’に挑戦し続けます。

Leather Brand That Represents Japan

In 2012, a single series that serves an expression of efforts of continual improvement since the launch of the brand.
This series was born of a beautiful fusion between a passion for fashion and love for Japan. I participated in the “Leather Japan 2012” as a representative of Japanese brands at the February of 2012 Mercedes-Benz Fashion Week, held in New York. I also participated in one of the largest exhibitions in New York, "Men’s exhibition TMRW@TUNNEL” by coterie. There I showed my ground-breaking series “Japanese Armor and Western Armor”, through which my [feelings/thoughts] reached many. Among these, a museum in New York graced me with a high praise, and I was interviewed by WWD USA, featured in the inaugural issue of TWELV (editor-in-chief: hissa igarashi).
Enevare will keep challenging to push “expression” beyond customary bounds.

(C)2013 ENEVARE ALL RIGHTS RESERVED.
All ACCESSORIES DESIGNED BY JUNKO MAKINO. MADE IN JAPAN.